7.8億人が直面する最大のエネルギー課題

エネルギーの課題エネルギー貧困エネルギー問題世界的なエネルギー危機温室効果ガスの排出

7月14th、2021

排出量をゼロに削減することは、今後数年間で人類が直面する世界最大のエネルギー課題のXNUMXつになるでしょう。 しかし、実際には、地球規模のエネルギーによる差し迫った災害は、XNUMXつではなくXNUMXつの課題に対処する必要があるため、はるかに深刻です。

 

HarpreetKaur著


 

エネルギーに関する国際電話の問い合わせや不足が増えるにつれ、これまでではなかったとしても、今後30年間で起こりうるエネルギー災害の底辺に立つことになります。 石油は最も高価な資源のXNUMXつになり、同時に希少になります。 また、最先端の原子力施設は、その有益な寿命の終わりに達していたでしょう。

 

気候変動は、私たちの周囲、現在の幸福、そして将来の世代の幸福を脅かす主要な問題です。 エネルギー生産は責任があります 87% 世界の温室効果ガス排出量の豊かな国では、一人当たりの温室効果ガス排出量が多くなります。

 

排出量をゼロに削減することは、今後数年間で人類が直面する世界最大の課題のXNUMXつになるでしょう。 しかし、実際には、地球規模のエネルギーによる差し迫った災害は、XNUMXつではなくXNUMXつの課題に対処する必要があるため、はるかに深刻です。

 

First Global Energy Challenge: Energy Poverty

現代のエネルギーサービスへのアクセスの欠如は、エネルギー貧困と呼ばれています。 エネルギーを得る能力は人間開発の要件です。

 

1.現代のエネルギーサービスの欠如、およびエネルギー消費と排出量の低さも、エネルギー貧困と呼ばれています。

 

2.エチオピア、ウガンダ、マラウイなどの貧しい国の人々は、現代のエネルギーや技術を利用できないため、排出量が非常に少なくなっています。

 

3.世界の最貧層はエネルギー貧困にあり、ほとんどの人が電気や料理用のきれいな燃料を利用できません。

 

主な理由: これらの技術が利用できないことは、最近の最も深刻な地球規模の問題の1つです。 人々が料理や暖房のために現代のエネルギーを得ることができないとき、彼らは固形燃料、特に木材、肥料、植物廃棄物に依存しています(図XNUMX)。

 

図1

.

 

世界保健機関(WHO)が「世界最大の環境健康リスク」と表現している室内空気汚染により、エネルギー貧困の中で暮らす人々の健康は莫大な代償を払っています。 世界で最も貧しい人々にとって、これは早死と世界的な死の最大の危険因子です。

 

健康調査は、室内空気汚染が原因であることを示しています 1.6万人 毎年の死亡者数は、衛生状態の悪さによる死亡者数のXNUMX倍以上です。 木材をエネルギー源として使用することも、環境に悪影響を及ぼします。

 

According to recent reports of the Food and Agriculture Organization of United Nations (FAO), using wood as a fuel is the most important factor in forest degradation. In the African continent, East Africa, Central Africa, and West Africa, wood provides more than half of the energy.

 

図2

.

 

After all, people are living in poverty due to a lack of energy and electricity which means that food cannot be refrigerated (Figure 2). Poor people don’t have a washing machine or dishwasher and sometimes there are no lights at night due to power outages. Thus, it becomes difficult for the poor and middle class to face the problem of the energy crisis.

 

Second Global Energy Challenge: Greenhouse Gas Emissions

 

1. XNUMX番目のエネルギー問題は最もよく知られており、過剰な温室効果ガス排出に関連しています。

 

2.排出量を最も削減する必要がある人々は非常に裕福です。

 

3.パリ協定は、世界の平均気温上昇を産業革命前の水準より2℃未満に保ち、「気温上昇を1.5℃に制限するための努力を継続する」ことを目的としています。

 

4.この目標を達成するには、今後数十年で排出量をゼロに削減する必要があります。

 

図3

.

 

The energy production from fossil fuels has continued to go up. In 2020, energy production from fossil fuels accounted for more than 50% of total energy production. Energy production from renewables has also gone up but its share in total energy production needs to increase significantly for long term sustainability. If our dependence on fossil fuels continue to rise then we may find ourselves in a situation of energy crisis as fossil fuels are bound to get depleted at the rate at which we are using them (Figure 3).

 

主な理由: 最も裕福な国では、技術の進歩によりエネルギー貧困に苦しむ人はほとんどいません。 IvanovaとWoodの報告によると、ドイツ、アイルランド、ギリシャなどの国では、 60% 世帯の2.4人当たりの年間排出量はXNUMXトンに達します。

 

The only countries with emissions close to zero are those where most of the people suffer from energy poverty. The few countries which are poorest in Africa such as Malawi, Burundi, and the Democratic Republic of Congo.

 

The countries having higher GDP per capita have the better living conditions but the same countries also have higher carbon dioxide emissions. Emissions are high in places where child mortality is the lowest.

 

この理由は、人々が化石燃料エネルギーにアクセスできるようになると、その排出量が高すぎて長期的な持続可能性が得られないためです。 人々は良い生活を送るためにエネルギーへのアクセスを必要としていますが、化石燃料が主なエネルギー源である世界では、現代のエネルギーへのアクセスは過剰な二酸化炭素排出を意味します。

 

図4

.

 

The results demonstrate a significant positive relationship between the dependent variable variable CO2 emissions and the independent variable GDP per capita. CO2 emissions rise as a result of economic growth, according to the positive relationship indicated (Figure 4).

 

How Does the Biggest Energy Crisis Challenges Affect the Economy?

The global energy crisis is a major contributor to the economic downturn. The Ever increasing human population has resulted in the over exploitation of traditional energy sources.

 

The following are some of the most significant consequences of the global energy crisis on the economy :

1. According to the Autoregressive-Distributed Lag (ARDL) estimates, energy poverty has a negative impact on economic development.

 

2. Air pollution from burning fossil fuels is projected to cause 230,000 deaths and $600 billion in economic losses per year in the United States alone.

 

3. The sharp increase in fuel prices caused by the energy crisis has had a negative impact on the 観光 industry. With the increase in fuel prices, the cost of tourism has also increased, thus many can’t afford it.

 

Energy also has a positive impact on employment levels. The development of energy resources generates employment. Energy generated by solar photovoltaic cells, landfill gas, or biomass facilities, for example, creates more jobs per unit of energy produced than energy generated from conventional sources.

 

世界最大のエネルギー問題をどのように解決しますか?

世界的なエネルギー危機の問題を解決できるいくつかの代替ソリューションは次のとおりです。

 

1. Switch to renewable resources: The best solution is to reduce the world’s dependence on non-renewable resources. Most of the industrial age was created using fossil fuels, but there are also well-known technologies that use renewable energy, such as steam, solar, and wind energy. The 2 ways from which the electricity can be produced are:

 

a) Electricity production from Photovoltaics: Solar cells, often known as photovoltaics, are electronic devices that turn sunlight into electricity directly. Because solar energy is a mature and cost-competitive technology that is constantly growing.

 

b) Energy Production from Hydropower: Hydroelectricity, often known as hydroelectric power, is electricity generated by water. Hydroelectricity has a cheap cost of production, making it a competitive renewable energy source.

 

2. Performing an energy audit: エネルギー監査は、自宅やオフィスがエネルギーを消費している場所と、エネルギー効率を改善するために実行できる手順を判断するのに役立つプロセスです。 専門家が実施するエネルギー監査は、二酸化炭素排出量の削減に役立ちます。 これは、エネルギーとお金の節約に役立ち、世界最大のエネルギー問題を回避します。

 

3. Buy energy-saving products: 従来の電球は、消費電力が少なく、長持ちするため、CFLとLEDに置き換えてください。 世界中の人々が住宅用および商業用にLEDとCFLを使用する場合、エネルギー需要は減少する可能性があります。

 

この記事で表現されている見解は、WorldRefではなく、著者のみの見解です。


 

以下のリンクをクリックして、要件に応じてWorldRefサービスを探索してください。

 

エネルギー監査 | 水力発電ソリューション | 太陽光発電 | 電気システム | 火力発電とコージェネレーション