新植民地経済大国としての中国の台頭と、インドが植民地のXNUMXつになった事例。

中国 グローバリゼーションインド新植民地主義世界経済
[心電図-社会的]

共有は思いやりです

26年2021月XNUMX日

現在、中国は 100 か国以上にとって最大の貿易相手国です。 そして、それはただの偶然ではありません。 彼らの政策は、議論の余地のない王として、彼らが世界貿易を追い抜き、支配するのを助けました.

 

Aks KuldeepSingh著


 

新植民地主義とは何ですか?

植民地主義とは、ある権力またはある集団が別の権力または別の集団を、本質的に経済的に利用できるように支配することです。

 

彼らは植民地化された権力や植民地化された人々に彼らのために価値の低い仕事をさせたり、価値の低い原材料を生産させたりすることができます。 その後、この原材料は輸入され、高価値の製品に変換され、基本的に、それを製造したのと同じ人々に売り戻されます。

 

植民地は、歴史が私たちにもはや存在しないことを示しているように、新植民地主義は現代にその場所を占めてきました。 それは、直接的な軍事的支配(帝国主義)または間接的な政治的支配(覇権)の以前の植民地的方法の代わりに、経済、グローバリゼーション、文化帝国主義、および条件付き援助を使用して国に影響を与える慣行です。

 

中国は新植民地主義の大国になりましたか?

中国は、かつての帝国のように植民地を直接支配することはありませんが、帝国の XNUMX つとして行動しています。

 

中国の学者であるジャン・マルク・F・ブランチャードによると、「今日の中国と多くの国々との関係の一般的な特徴は、19世紀と20世紀のヨーロッパの植民地諸国とアフリカおよび中東諸国との関係によく似ています。 とりわけ、各国が自国の主要製品を中国製の製品と交換しているのを目撃しています。 中国は地域経済を支配しています。 各国が中国に対して多額の債務を負うようになった。 中国は、地域の政治、文化、安全保障の力学により大きな影響力を及ぼしている。 そして、彼ら自身の「外国人居住区」に住んでいる海外の中国人。」

 

非常に大規模な生産のため、中国製品は非常に安価であり、地元の製造市場に害を及ぼしています。 たとえば、ナミビアでは中国製品が地元の製品を破壊しました。 これはナミビアに限ったことではなく、中国が貿易を行う他のすべての国に当てはまります。

 

現在、中国は 100 か国以上にとって最大の貿易相手国です。 そして、それはただの偶然ではありません。 彼らの政策は、議論の余地のない王として、彼らが世界貿易を追い抜き、支配するのを助けました。 中国人はまた、貧しい国が返済することのできない安価な融資を貧しい国に提供します。 その結果、彼らは借金地獄に陥ります。

 

「量」ではなく「質的」な側面に焦点を当てると、別の話が明らかになります

22 つのグローバル大国間の貿易関係を評価する方法は 2019 つあります。 XNUMX つの方法は、輸入と輸出の量を確認することです。 ある国が他の国との輸出黒字を持っている場合、その国は交易条件で非常にうまくいっています。 たとえば、インドは米国との間でほぼ XNUMX 億ドルの健全な貿易黒字を享受しています (OEC XNUMX)。

 

中国とアメリカの貿易相手国トップ10

 

同時に、インドは中国に対して 55 億ドルの貿易赤字を抱えています (OEC 2019)。 ここで、もしインドが交易条件で中国の植民地であるならば、米国は同じ条件でインドの植民地であると主張するかもしれません。 しかし、おそらく数字だけでは本当の姿を明らかにすることはできないでしょう。

二国間の貿易関係を評価するもう XNUMX つの方法は、何を輸入し、何を輸出するかを定性的に見ることです。

 

中国の上位の貿易相手国とその取引状況を見てみましょう。

 

中国との大きな貿易赤字にもかかわらず、米国は質的に中国に匹敵することができる

 

2019 年、米国は 103 億ドル相当の商品とサービスを中国に輸出しています。 主な製品は、集積回路 ($8.47B)、大豆 ($7.87B)、および車 ($7.34B) でした。

一方、中国は 429 億ドル相当の商品とサービスを米国に輸出しました。 主な製品は、放送機器 (50.5 億ドル)、コンピューター (41.6 億ドル)、事務機器部品 (15 億ドル) でした。

 

2019年の中国の米国への輸出入

 

中国は326億ドルを超える巨額の貿易黒字を享受しています。 量的に言えば、それは巨大です。 しかし、定性的には、米国は中国に匹敵することができます。 したがって、この関係 植民地とは言えない 中国は米国から原材料を輸入していないからです。 自動車や集積回路などの付加価値製品を輸入している。 同様に、中国は放送機器、コンピューター、その他の製品を米国に輸出しています。

 

反対に、韓国は中国との貿易黒字を享受している

 

韓国は中国との貿易黒字を主張している数少ない国のXNUMXつであるだけでなく、最大の国でもあるという理由だけで、このケースを検討しています。

 

2019 年、中国は 108 億ドル相当の商品と原材料を韓国に輸出しました。 中国から韓国に輸出された主な製品は、集積回路 (15.1 億ドル)、放送機器 (4.85 億ドル)、事務機器部品 (3.69 億ドル) でした。

 

一方、韓国は136億ドル相当の商品と原材料を中国に輸出した。 韓国から中国に輸出された主な製品は、集積回路 (33.8 億ドル)、精製石油 (6.5 億ドル)、および環状炭化水素 (6.36 億ドル) でした。

 

韓国は中国との貿易黒字が28億ドルを超えています。 韓国は量的に中国に匹敵するだけでなく、質的にもあらゆる面で中国に匹敵します。

 

 

貿易に関して、インドは今日の中国の植民地ですか?

これは挑発的な質問ですが、貿易データを見た後、それが真実であることは明らかです。

 

インドの中国への輸出はわずか17.4億ドルであるのに対し、中国からのインドの輸入は72.6億ドルであり、これによりインドの中国との貿易赤字はなんと55.2億ドルになります(OEC2019)。 過去6年間の平均で、インドの中国との年間平均貿易赤字は57億ドルにのぼります。

 

もしインドが原材料 (例えば、中国から原油や鉄鉱石、ボーキサイトなど) を輸入し、それを鉄鋼やアルミニウム板に加工したり、精製製品に加工して輸出していたら、この関係は新植民地時代とは言えなかっただろう。価値が低くても中国へ。

 

 

しかし、インドが中国から輸入したものとインドが中国に輸出したものを見てみると、輸出品のほとんどが原材料であり、輸入品のほとんどは完成品であることがわかります。

 

インドの中国への輸出には、鉄鉱石、いくつかの石油燃料、有機化学物質、 精製銅、魚、エビ、綿糸、綿。 インドの輸出原綿と綿糸は、中国によって繊維に変換されます。 興味深いことに、50年の世界の繊維生産量の2019%以上を中国が占めました。

 

インドはかつて中国への精製銅(すなわち銅陰極)の大規模な輸出国でしたが、トゥティコリンにあるSterlite Copperの工場が閉鎖された後、インドは銅陰極の輸出国から純輸入国になりました。 パキスタンは、中国への銅の輸出においてインドの代わりをしました。 インドの損失はパキスタンの利益であり、インドの中国への依存度は上昇しただけでした。

 

インドの中国からの輸入品には、コンピューター、電話、ビデオ機器、半導体デバイス、電子回路、トランジスター、複素環式化合物(医薬品、製薬、染料、天然および合成の両方の化学薬品に使用)、肥料、テレビカメラ、自動車部品、資本が含まれます。プロジェクト機器。

 

インドの中国からの輸入の多くは複雑な製造品であり、中国への輸出は低価格の商品です。

 

インドと米国の貿易関係

2019年のインドの米国への輸出は約55.3億ドルでしたが、輸入は約33.7億ドルでした。

 

インドが輸出したものとインドが輸入したものの貿易構成を定性的に見ると、インド-米国とインド-中国の貿易の違いがわかります。

 

インドは29.7億ドル相当のサービスをアメリカに輸出し、24.3億ドル相当のサービスを輸入しました。 5.4億ドルの黒字があります。 サービスの輸出にはアウトソーシングが含まれ、輸入には旅行や知的財産権などが含まれます。 中国ではそのような運はありません。

 

 

インドは、燃料(原油と天然ガス)、貴金属と石(生のダイヤモンド)、ボーイングの航空機、機械と有機化学物質、防衛機器を輸入しています。 農業面では、インドはアメリカから約1.8億ドルのわずかな輸入を持っています。 ここでもインドには黒字があります。

 

インドは、完成した医薬品、ダイヤモンド、精製石油、甲殻類、自動車部品、自動車、ハウスリネンなどを米国に輸出しています。

 

機械、スパイス、米、エッセンシャル オイルは、インドのあらゆるレベルで余剰があります。 インドは、価値の点でアメリカと比較して黒字であるだけでなく、品質の点でもアメリカに匹敵します。

 

インドとサウジアラビアの貿易関係

インドはサウジアラビアとの貿易赤字が19億ドル近くと高い。 インドのサウジアラビアへの輸出は約6.35億ドルであるのに対し、サウジアラビアからのインドの輸入は約25.1億ドルです。 これは、交易条件の観点から、インドをサウジアラビアの植民地にしますか? この質問に対する簡単な答えはノーです。

 

サウジアラビアからのインドの輸入の約73%は原油です。 インドは原油に対する大量の需要があり、十分な埋蔵量がありません。 一方、サウジアラビアへのインドの輸出には、米、自動車、精製石油、環状炭化水素などが含まれます。

 

サウジアラビアは、インドに十分な原油がない原材料をインドに送るため、植民地貿易関係ではありません。 インドには、原油を商業製品に変換する大規模な製油所があり、サウジアラビアを含むさまざまな国に輸出されています。

 

 

世界はゆっくりではあるが確実に「双極」から「単極」へと移行しており、唯一の極は中国である

 

定性的なレンズで分析された貿易データは、中国がゆっくりと新植民地主義の大国になりつつあり、それを止めることはできないという理論を裏付けています。 最近の米国との貿易戦争と「クワッド」の形成は、中国にとっては小さな問題であることが証明されるでしょう。 世界は間違いなく「双極」(米国-ソ連、そして現在は米国-中国)から「単極」世界(中国)に移行するでしょう。

 

Xiの主力の一帯一路プロジェクトは、「真のグローバルパワー」であるという中国の野心の証です。 過去2年間の中国のアフリカ征服は、それ自体がこの問題に関する事例研究であり、この期間中に中国は大陸の経済生活における限界的な主体から最大の貿易相手国になりました。 一帯一路イニシアチブに後押しされて、10,000を超える中国企業(90%が個人所有)が現在アフリカで事業を行っています。

 

中国との貿易関係が大英帝国がインドに課した排水システムと非常に類似しているインドのような国にとって、状況は特に懸念されます。 しかし、知恵は、国際貿易と政治に関しては、そのダイナミクスは表面上見られるよりもはるかに複雑であることを教えてくれます。 変化には何年も、時には何十年もかかりますが、それはXNUMX人がそれを切望して頑張る場合に限られます。

 

この記事で表現されている見解は、WorldRefではなく、著者のみの見解です。


 

WorldRefサービスを調べて、グローバル展開をより簡単かつ経済的にする方法を学びましょう。

 

テストと認証 | 中古産業機器 | 国際物流 | アフターサービスサポート | スペア、ツール、消耗品 | グローバルビジネス検証 | 緊急購入 | 評価と評価 | 迅速化と監視 | 第三者検査 | 産業調達