785年には2021億XNUMX万人が安全な飲料水を利用できません

グローバリゼーション安全な飲料水水処理を無駄に

7月10th、2021

人間は食物なしで3週間生き残ることができますが、水なしで4〜XNUMX日も生き残ることはできません。 きれいな水は生活必需品ですが、汚染により、私たちが利用できるきれいな水の割合は日々大幅に低下しています。

 

ArpitSaxena著


 

2021の時点で、 785 百万人が基本的な飲料水サービスを利用できません。 144 未処理の地表水を飲む百万人。

 

Is the world running out of clean water?
This image apprises us about the future of the world in the coming years. How the world is running out of clean water.

 

安全でない飲料水による公衆衛生上の危険

ただのアクセスだけでは不十分で、水質が最も重要です。 基本的な飲料水サービスの提供には大きなギャップがあります。 汚染された水の消費は、コレラ、下痢、赤痢、A型肝炎、腸チフスなどの危険な病気の伝染につながります。

 

下痢 は、汚染された水の消費によって伝染する最も広く知られている危険な病気です。 汚染された水の消費は原因 485下痢 毎年死亡。 2017年頃 220万人 人々は住血吸虫症の予防的治療を必要としていました。住血吸虫症は、感染した水の消費によって伝染する寄生虫によって引き起こされる慢性疾患です。

 

図1


.

 

汚染された飲料水は、致命的な病気の伝染につながるだけでなく、死にもつながります。 周り 1.23万人 people died as a result of the consumption of unsafe water in 2017 (Figure- 1).

 

Unsafe water has been ranked 19th, surpassing drug usage and poor sanitation to become one of the biggest causes and risk factors for deaths around the world.

 

収入はきれいな水へのアクセスのレベルを決定する主な要因です

所得 改善された水源へのアクセスのレベルを決定するための重要な基準です。

 

1990年から2015年まで、人口の高所得者の間で改善された水源へのアクセスに変化はありませんでした。 高所得グループは依然としてこれらの情報源への100%アクセスを楽しんでいます。 人口の低所得のシェアへのアクセスが周りにあった間 46% 1990年にそれはに上昇しました 66% in 2015 (Figure- 2).

 

図-2


.

 

改善された飲料水源へのアクセスに関する先進国と発展途上国の間の格差

2017では、 90% 世界人口の割合は、改善された水源にアクセスできました。 この数は、汚染のない水をもたらす改良された飲料水技術の強化により、日々増加しています。

 

図-3

.

 

人々はすでにこれらの水源への100%のアクセスを楽しんでいたため、改善された飲料水を利用できる人口の割合は英国では変わっていません。 インド、ブラジル、アイルランドなどの国では、状況は改善しています。 ケニアでは、過去25年間で状況が大幅に改善されました。 改善された水源へのアクセスは 43% 1990の 63% in 2015. (Figure- 3)

 

世界中の改善された飲用源へのアクセスを持つ人口のシェアはから上昇しました 76% 1990の 91% 過去2015年間で、改善された飲料水源を利用できる人々の数は、 107万人 毎年平均して。 日常的に、 290,000 people gained access to drinking water. (Figure- 4)

 

図-4


.

 

農村部の世帯はしばしば飲料水へのアクセスを欠いています

アジアとアフリカの人口のほぼ半数は依然として農村地域に住んでおり、低所得層に属しています。 農村地域の貧しい家族は、取り残されるリスクが最も高いです。

 

図-5

.

 

非常に少数の例外(特にバングラデシュ)を除いて、すべての国が平等の線より上にあります(国がこの線に沿っている場合、都市と農村の人口の割合は同じです(たとえば-イスラエル))。 エチオピアでは、安全に管理された飲料水を利用できる都市人口の割合は約 39% 田舎の場合は周りにありました 4%。 ウガンダでは、都市人口のシェアは約でした 18% そして地方にとって、それは周りにありました 4%. The share of the population having access to safely managed drinking water is more inclined towards urban areas than rural areas (Figure- 5).

 

地域別の改善された飲料水源にアクセスできない人々の数

1990では、ほとんど 42% 改善された飲料水源を利用できなかった人々の中には、東アジアと太平洋からの人々がいました。 2015年までに、この数は 20%。 中東と北アフリカでは、 1.17億 1990年には改善された飲料水源を利用できませんでした。この数は 600万人 in 2015 due to the economic growth in the Middle East & North Africa (Figure- 6)

 

図-6


.

 

改善された飲料水源を利用できない人々の割合は、過去25年間で、例外を除いてすべての地域で減少しています。 サハラ以南のアフリカ.

 

2015年、改善された水源へのアクセスはサハラ以南のアフリカで最も低く、 40% 〜へ 80% 世帯の。 飲料水源を利用できないサハラ以南のアフリカ人の数は、 271万人 1990の 326万人 2015インチ

 

サハラ以南のアフリカで飲料水を利用できないことは、経済的不足、急速な人口増加、気候変動に起因している可能性があります。

 

きれいな飲料水へのアクセスを改善するための低コストのソリューション

1.沸騰 

The simplest and the cheapest method to purify water is to boil it for a good amount of time. Boiling at high temperatures causes the bacteria and virus to dissipate, removing all the impurities from the water and then straining it through a microporous sieve making water fit for drinking.

 

2.雨水貯留の実施

Accumulating rainwater from surfaces on which it falls and subsequently storing it is a practice that has been carried out by humans for centuries.

 

It is a useful way of reducing the reliance on municipal water supply systems and providing water to remote rural areas that may not be connected to the conventional water supply.

 

3. Filtration of Water

This method uses chemical and physical processes to purify water and make it safe for drinking purposes. Filtration eliminates both large compounds and small, and dangerous contaminants that cause diseases with a simple and quick filtration process.

 

Since filtration does not deplete all the mineral salts, water that has been filtered is considered healthier compared to water purified using other methods. The factor that makes filtration less costly is that it does not require a lot of energy as compared to the energy needed in reverse osmosis and distillation.

 

4。 塩素消毒

a)塩素錠の使用

Chlorine being a disinfectant makes the water fit for drinking purposes. The use of chlorine tablets is one of the cheapest ways to improve the quality of water.

 

b)Electrochlorination

Electrochlorination is a highly effective and economical technique for disinfecting water. Unsurprisingly,  it is used all over the world, at all scales, from personal electrochlorination units in remote locations to huge industrial plants treating potable water for an entire city.

 

Electrochlorination Water Treatment Process
This image apprises us of the importance of electrochlorination in remote areas. How it is really beneficial for the remote areas where electric power is not available,

 

The advantages of using Electrochlorination to improve access to clean drinking water are mentioned below:

 

a) The process is relatively inexpensive compared to other processes.

 

b) It is one of the most effective processes to desalinate seawater.

 

c) It has simple operational requirements which can easily be handled by even a non-technical person.

 

d) This process only requires three things: electric current, water, and common salt.

 

5. Using Smart Irrigation Controllers

By replacing traditional automatic system timers, smart irrigation controllers have been developed to reduce outdoor water usage by enabling owners to create an efficient water schedule to keep plants healthy and remotely control their systems using smart devices.

 

It is particularly useful in water-stressed areas where it enables the conservation of limited water resources.

 

Some more measures can be taken to solve the drinking water problem in rural areas, such as installing reverse osmosis (RO) units, exposure to UV radiation, treatment of agricultural waste, use of water wheels, and flocculating agents (Gelatin, Guar gum, etc.).

 

過去XNUMX年間で、きれいな水へのアクセスに関して世界中でいくつかの改善がありました。 しかし、人口の増加は水の消費量の増加をもたらし、その不足につながっています。 そして、同じ傾向を続ければ、世界の人口の渇きを癒すのに十分な水がなくなる時が来るでしょう。

 

この記事で表現されている見解は、WorldRefではなく、著者のみの見解です。


 

Click the link below to explore industrial solutions as per your requirements

 

水および廃水処理